腸内環境に良く、抗酸化作用のある食べ物はニオイ予防に良い

汗をかいてしまうと気になるニオイ、制汗剤を利用しても、
流れ落ちてしまったりして気になってしまう事があります。

 

そんなニオイを少しでも解消できるように、ニオイ自体を抑える方法をご紹介しましょう。

 

それは、何かと言うと食べ物に気をつける事です。
汗は体から出るものなので、食べ物によってニオイは変化します。
普段からコッテリしたものや、刺激の強いものを食べるとドロットした汗になり、
ニオイも強くなってしまうのです。

 

では、どういったものがニオイを抑える事が出来るのでしょうか。

 

汗のニオイは、腸内環境に大きく左右されます。
腸内に不要な物が溜まってしまい、それが変化してアンモニアとなり、
汗と一緒に出てしまうのです。

 

ですから、まずは腸内環境を整える事がとても大切になります。
腸内環境を整えるためにおすすめの食べ物は、食物繊維や発酵食品です。
野菜、キノコ類、ヨーグルトなどが代表的です。

 

逆に腸内環境を悪化させてしまう肉類や揚げ物、レトルト食品などは避けた方が良いでしょう。
なんとなく、見るからにニオイを発生させてしまいそうな感じですよね。

 

それから、ニオイに影響を与えているのが酸化現象です。
酸化する事によって、ニオイの原因が発生してしまいます。
そこで、抗酸化作用のある食べ物のおすすめとなります。
ビタミンC、ポリフェノール、βカロチン、ビタミンEには抗酸化作用があります。
ビタミンCを含んだ果物や野菜。特に緑黄色野菜はおすすめです。
そしてビタミンEがたっぷりのゴマなども手軽で取り入れやすいでしょう。

 

このように、腸内環境に良く、抗酸化作用のある食べ物はニオイ予防となります。
これらの2つの要素を持っている食べ物は、野菜です。

 

野菜であれば、種類もたくさんあるので毎日とりいれやすいと言えるでしょう。
野菜を毎日の食事でたくさんとりいれることで、ニオイを抑える事が出来ます。
ニオイの原因は出来れば、根本から抑えたいですよね。

 

ぜひ、毎日の食卓に野菜をたっぷりと並べてみてはどうでしょう。