スポーツでよい汗をかきながら加齢臭対策を

そろそろ加齢臭の対策をたてるべきだろうか…とお悩みの皆様。早め早めの先手対策が非常に有効な加齢臭対策は、30代を過ぎた頃から男女の境なくやっておけばとても安心です。日常生活の中でできる簡単な対策はたくさんありますし、体臭だけでなく体全体の健康についても、とても効果的なものが多いので、ぜひ挑戦してみたいものです。

 

食生活のバランス改善や水分の十分な補給に加えて、加齢臭の予備対策にとても有効なのが「適度な運動」です。加齢とともに汗腺の流れが滞るようになり、毛穴からうまく老廃物が排出されずに体臭になってしまう、というのが加齢臭のメカニズムのひとつ。この、「汗の流れをサラサラにする」という点から、軽い運動の習慣を早い段階でつけておくのがよいでしょう。

 

改めて、未知なる激しい運動を始める必要は全くありません。通勤の手段を徒歩や自転車に変えてみたり、週末に少しウォーキングを始めてみる、といったごく簡単なもので十分です。ただポイントは、しっかり汗をかいたのを確認してからおしまいにする、という点です。汗をかいた後は肌着をかえる、シャワーを浴びるなどでしっかりと汗・老廃物を洗い流し、肌と毛穴を常に清潔な状態に保つようにしましょう。

 

それでも、孤独な運動というのは続けにくいものです。もし通いやすい範囲内でスポーツ教室・武道のおけいこ道場などがあれば、自分にあったペースで通ってみるというのも大いにありでしょう。気の合う仲間たちと一緒の運動であれば、苦労なしにたくさん汗をかきやすい、という利点があります。

 

ただ、こういった教室について注意したいポイントがひとつあります。大人向けのクラスなら、夕方から夜にかけての時間帯で行われることが多いと思います。汗をかいたウェアは、そのまま一晩放っておくと確実に雑菌が繁殖し、翌朝の洗濯時にすでに臭くてたまらない!という状態になる危険性が高いのです。加齢臭対策のつもりでスポーツをしているのに、汗臭さがひどくなったのでは元も子もありませんね。

 

この場合、お風呂やシャワーで汗を流すついでに、その30度ほどのお湯につけこんでおきましょう。少量の酸素系漂白剤を入れておけば汗の臭い対策はもちろん、黄ばみも予防することができます。さっぱりと清潔な衣類を身に着けてのスポーツで、よい汗をかきながら加齢臭対策をしていきましょう!