アポクリン腺の汗はアンモニアのような嫌な臭いを発する

私たちは全身に汗をかきますが、特に脇汗は他の部分に比べて臭いがきついという人がほとんどだと思います。
その原因は脇の下にある汗腺と全身に分布している汗腺は別モノで、分泌される汗の種類が違うからです。

 

私たち人間は運動したり、夏の暑い日には全身から汗がふきだしますが、これはエクリン腺という汗腺からのもので、体温が上がったことにより調節機能として汗が分泌されます。
エクリン腺からの汗は99%が水分、1%が塩分でサラっとしています。脇の下にもエクリン腺はあるのですが、もう一つアポクリン腺という汗腺もあります。こちらは80%が水分で、残りはたんぱく質や色素、鉄分そしてアンモニアも入っており、やや粘度のある汗です。

 

私たちの汗自体は無臭なのですが、汗をかいた場所に雑菌が繁殖することで嫌な臭いが生じます。エクリン腺からの汗に比べてアポクリン腺の汗は栄養価が高く、また脇の下という風通しの悪い部位であることもプラス要因となって脇汗には雑菌が多量に繁殖し、アンモニアのような嫌な臭いを発するのです。

 

では、そんな脇汗の臭い対策はどのようにすれば良いのでしょうか。
まず、一つの方法は汗を抑えるということです。分泌される汗の量が少なければ、自ずと繁殖する雑菌の数も少なくなり、臭いも軽減するという考え方です。
アポクリン腺の数が多かったり、汗腺が大きい人はわきがになりやすい体質といわれますが、わきが治療で行う手術はアポクリン腺を切除して、汗が分泌されない状態を作り出しています。
医師にわきがと診断されるほどの臭いがある場合は自己対策ではなかなか臭いを抑えることは難しいので治療を受けることをお勧めしますが、そこまでではない人の場合は市販の制汗クリームは有効です。
薬局などで制汗スプレーやロールオンタイプの制汗剤が安価で売られていますが、それらは効果としては弱めです。
それよりはクリームタイプで、しっかりとした制汗の有効成分が配合されているものが効果が高いです。

 

そして、制汗作用だけでなく、脇には菌が繁殖しやすいので殺菌・抗菌作用のあるものだとなお心強いです。
また、消臭作用についても有効成分が使用されているものが好ましいです。

 

このように、脇汗の臭い対策としては、まずはアポクリン腺からの濃厚な汗をできるだけストップさせることが最も大切です。消臭作用が強いケア商品の場合は根本解決にはならず、時間が経つと汗と薬剤の臭いが混ざってより悪臭になることもあるので注意が必要です。