ワックス脱毛でわきが対策!皮膚の常在菌を繁殖させない

腋臭の原因は皮膚の深い場所に在る汗腺組織からの汗と皮膚に在る常在菌が混ざり、分解が行われる事で臭いが生じると言います。

 

汗腺組織と言うのは汗を分泌させる組織であり、腋臭の場合はアポクリン腺からの汗が原因になります。

 

喜び

 

わきが治療の中でも剪除法と呼ばれている方法は、皮膚を数センチ切開してから皮膚を裏返しの状態にし、アポクリン腺組織をハサミで切除する方法で、直視下摘除法とも呼ばれている手術手法になります。

 

直視下摘除法と言う名前が付いている事からも、アポクリン腺を直視する状態で手術するのが特徴で、アポクリン腺組織を綺麗に切除する事で再発が起こり難いと言われているわきが治療です。

 

尚、直視下摘除法は手術する時に目視で行う事になるため、アポクリン腺が残ってしまうと治療効果にも影響を及ぼすなどからも経験や実績を持つ病院を選ぶ事が大切だと言われています。

 

また、腋臭の症状には個人差が在り、自分でも臭いを感じる重度な症状も在れば、両親など家族から知らされると言った具合に、自分では臭いに気が付かない軽度の症状まで様々で、軽度の症状の場合は直視下摘除法で手術を受けても、自分では治療効果が在ったのか否かの判断が難しいとされています。

 

最近はボトックス注射を利用する方法や皮膚を清潔に保ちながら、アポクリン腺からの汗の分泌量をコントローすることが出来る腋臭クリームなど腋臭対策法が在ります。

 

重度の症状の場合などでは、ボトックス注射による効果が弱くなり、マイクロウェブ法や直視下摘除法と言った方法で治療するのが良いと言われていますが、軽度の症状などの場合は腋の下の状態を綺麗に保つ目的でワックス脱毛に評判が集まっています。

 

脇の下にムダ毛が在る事で雑菌が溜まりやすいと言った特徴が在ります。
ムダ毛は密集している事で適度な湿度が生じやすくなり、体温などにより温められる事で雑菌の繁殖率も高くなってしまいます。

 

しかし、ワックス脱毛を利用する事で脇毛が無い状態にする事が出来るため、衛生的に保つ事が出来ると言うメリットに繋がると言う事です。

 

ワックス脱毛を行うと同時に、アポクリン腺からの汗をコントロールする事も大切であり、両者を行う事でわきが対策としての有効性を得る事が出来ます。

 

また、腋臭は食生活などの改善も併せて行う事で、わきがと言う臭いを抑える効果を高められるなど、臭いの元となる食事を考える事、脱毛により皮膚の常在菌を繁殖させない事、そしてアポクリン腺からの汗をコントロールする事が大切です。

 

デオドラントで対策するならこちら⇒わきがと脇汗対策におすすめの制汗剤

 

ワキガの臭いは単純に脇から出る汗から発生するというわけではありません。

 

そもそも汗腺は一つではなくアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類が存在しています。そしてそれぞれの汗腺から出る分泌物には違いがあり臭いの性質も異なっています。
ワキガの原因になっているのはアポクリン汗腺の方なのですが、こちらの汗腺から出る分泌物にはアンモニアやタンパク質、脂質などが含まれているのが特徴です。
一方のエクリン汗腺の方の分泌物としてはほとんどが水分です。水分以外にも塩分やカリウムも含まれているものの、独特の臭いになる元は含まれていないのです。

 

アポクリン汗腺にはアンモニアなどが含まれている為にワキガ特有の刺激臭を発生させ易いわけですが、ただ、そういった分泌物が含まれているゆえにただちに臭いが出てしまうというわけでもないのです。皮膚上には肌を守る為の常在菌が存在しているのですが、その菌によって分解された時に独特の刺激臭を発生させます。

 

なお、ワキガ臭は脇から出るというイメージが強くありますが、脇だけに限定されたものではありません。アポクリン汗腺は脇だけに存在するのではなく、その他にも耳の後ろや乳首、デリケートゾーンにも存在しています。よって耳の後ろなどからも刺激臭が出ていることもありますし、それゆえに脇のみへの対策をしても不十分な場合もあるのです。ですからワキガ体質の場合はその他の部分にも気を配ってみることが大切と言えるでしょう。

 

ところでアポクリン汗腺の分布は人によって異なります。そしてどの程度の分布量があるかは遺伝によって左右されると言われているのです。ですから家系的な特性がある場合ですと分布量も多い傾向があり、臭いが出易い体質の可能性があると言えます。

 

遺伝的な問題でもありますので改善が難しそうに感じられるかもしれませんが、しかしながらきちんと対策をすれば改善することも十分に可能です。

 

もし軽度の場合なら生活習慣を見直すだけで症状が軽くなることもあります。例えば汗腺の働きはストレスによって左右されることがありますのでストレス対策をしっかりと行ったり、ニオイの強い食べ物を多く摂取していると体臭も強くなりますので食生活に気を配ってみることも大切です。他にもボディケアをきちんと行うことで予防できる場合もあります。

 

中程度以上の場合なら治療を受けることで改善することも可能。例えば原因になっている汗腺を破壊する治療もありますから、元から原因を断つこともできます。メスを入れない治療もありますのでハードルもそれほど高くないと言えるでしょう。